2017年04月19日

1票格差、最大1.956倍 衆院「0増6減」区割り勧告  :日本経済新聞

1票格差、最大1.956倍 衆院「0増6減」区割り勧告  :日本経済新聞
 衆院選挙区画定審議会(区割り審、会長・小早川光郎成蹊大客員教授)は19日、「1票の格差」を是正するための区割り改定案を安倍晋三首相に勧告した。6県で定数を1減らす「0増6減」をし、あわせて全国19都道府県で97選挙区の区割りを見直す。2014年衆院選時に最大2.14倍だった格差は、変更により1.956倍になる。
確かに2倍以下だがこの倍率ではなあ。

次の選挙までにまた2倍を超えることは確実だ。

もう少し抜本的に、せめて1.4倍くらいまでの大改革をやるべきだと思う。
 19日、首相官邸で区割り審の勧告を受けた安倍首相は「速やかに必要な法制上の措置を講じる」と述べた。
ぜひ、至急に実現して、いつでも解散総選挙を打てる体制を固めておいてもらいたい。
posted by マイク at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック