2017年04月17日

日本人技師の銅像壊される 台湾、ダム建設に貢献  :日本経済新聞

日本人技師の銅像壊される 台湾、ダム建設に貢献  :日本経済新聞
 【台北=共同】台湾の中央通信社によると、日本統治時代に造られた南部台南市の烏山頭ダムのそばで、同ダム建設に貢献した日本人技師、八田與一氏の銅像の頭部が何者かに切り取られているのを16日朝、ダムを管理する関係者が発見した。八田氏の銅像は日本人観光客にも有名。地元警察が捜査している。

 八田氏は石川県出身で、日本統治時代に台湾の水利事業に貢献した人物として地元で高く評価されている。台湾は一般に親日とか信じられているが実態はそうでもないということ。

それを身上とすること自体に問題はないが、こうして行為に表すのは別。それが分からないのがいまいちだ。

posted by マイク at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース (台湾関係) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449079194
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック