2017年04月12日

シリア対応、ロシアに影響力行使促す=対北朝鮮、自制を要求-G7外相共同声明:時事ドットコム

シリア対応、ロシアに影響力行使促す=対北朝鮮、自制を要求-G7外相共同声明:時事ドットコム
 【ルッカ(イタリア中部)時事】先進7カ国(G7)外相会合は11日、イタリア中部ルッカで最終日の討議を行った後、シリアの紛争終結のためアサド政権に対する影響力行使をロシアに促す共同声明を発表し閉幕した。米軍が行ったアサド政権への攻撃に対しては「化学兵器の拡散・使用を防止・抑止するための注意深く計算された、対象が限定された対応だ」と理解を示した。
 一方、声明は北朝鮮の核実験・弾道ミサイル発射を最も強い表現で非難した上で、「新たな段階の挑戦だ」と指摘。北朝鮮に核実験などの自制を要求した。
弱いなあ。こういう表現では北は歯牙にもかけないだろう。

一方のシリアもアサド政権の存続を巡って米ロが真っ向対立していてどう展開するか分からない。トランプは今のところ北優先の姿勢だが、いつシリアに転じてもおかしくはない。ただ、現在の米軍には正面作戦を2個同時進行させるだけの兵力はないから、実際に開戦するとしたらどちらか一方になる。有志連合がはいっているシリアは後回しになるのではないか。

posted by マイク at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース (北朝鮮関係) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック