2017年03月22日

<A HREF="http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM21H93_R20C17A3FF2000/">北朝鮮、ウラン濃縮拡大 外交困難とIAEA事務局長  :日本経済新聞</A>

 【ワシントン=共同】国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長は、21日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューで、北朝鮮が2010年以降、ウラン濃縮施設の規模を倍増させたと指摘した。

 イラン核問題で米欧などが取った外交手段によって、北朝鮮に核開発を放棄させられる可能性については懐疑的な見方を示した。
そら裏で中共が全面的に支援しているから。当たり前だ。

中共にしてみたら、自国の国境線を資本主義国と直接接したくない緩衝地帯として、北の存在は不可欠なのだから。一番望ましいのは現状維持で、そのために北が立国できるためなら何でもする。南にとってもドイツ併合の騒動の記憶がまだ新しいから、さらにひどい状況になることが明白な北の併合は、できれば避けたい。これまた現状維持が望ましいという状況だ。

だから北が存続してきた。

これを変えようとしているのがトランプだ。どうなるか。
posted by マイク at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース (北朝鮮関係) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック