2017年02月25日

<A HREF="http://www.jiji.com/jc/article?k=2017022500406&g=int">米、北朝鮮高官のビザ拒否=ミサイル、正男氏暗殺が一因か-報道:時事ドットコム</A>

 【ニューヨーク、ワシントン時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は24日、米国務省が北朝鮮外務省幹部への査証(ビザ)発給を認めず、ニューヨークで3月初めに計画されていた北朝鮮高官と元米当局者らの協議が流れたと報じた。複数の関係筋の話として、ソウル発で伝えた。
 同紙は、トランプ政権が北朝鮮外務省の崔善姫北米局長のビザ発給を認めなかった理由は不明とする一方で、北朝鮮の弾道ミサイル発射実験や、金正男氏暗殺事件が米側の態度を硬化させる一因となった可能性を指摘した。
外交交渉に値しない国家だと評価したのだろうか。もちろん最終決定したのはトランプだ。それにしても
北朝鮮で拘束されている米国人2人の解放を求めるとみられていた。
ふたりの運命が悪い方に傾いたように思える。それとも武力行使してでも奪回するつもりなのだろうか。

とりあえずはシリアと自称ISIS問題をひと段落させるまでは現状維持するつもりか。それでは北の核・ミサイル開発がますます進んでしまうが。間に合うと計算しているのかもしれない。
posted by マイク at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース (北朝鮮関係) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447349645
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック