2017年02月16日

<A HREF="http://www.asahi.com/articles/ASK2J2TGCK2JUHBI00G.html">トランプ氏、2国家共存こだわらず 中東和平で方針転換:朝日新聞デジタル</A>

 トランプ米大統領は15日、ホワイトハウスでイスラエルのネタニヤフ首相と会談した。会談前の共同記者会見でトランプ氏は、イスラエルと将来のパレスチナ国家の「2国家共存」には必ずしもこだわらず、両当事者が交渉で解決すべきだとの考えを示した。
これまでの米国の方針の大転換だそうだ。どう落とし前を付けるのか、そもそも解決するのか、いずれにしても気の遠くなるような時間がかかると思う。それでも、両者ともにあきらめず、謙譲の精神で交渉していかなければならない。さもなければ永遠に解決しない問題だろう。これまで散々武力行使しあってきたのだから、それが無駄だということくらい学習してほしい。
posted by マイク at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447060943
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック