2017年02月05日

<A HREF="http://www.cnn.co.jp/world/35096084.html">CNN.co.jp : ミャンマー軍、少数派ロヒンギャへ残虐行為か 国連報告書 - (1/2)</A>

(CNN) 国連人権高等弁務官事務所は5日までに、ミャンマー西部ラカイン州で治安部隊が少数派のイスラム教徒、ロヒンギャを殺害、強姦、拷問しているとする報告書を発表した。バングラデシュへ逃れたロヒンギャへの聞き取り調査によって、「前代未聞」の残虐行為が明らかになったという。
ゼイド人権高等弁務官はこの報告についての声明で、人道犯罪の可能性が「非常に高い」との見方を示した。
ミャンマー政府の報道官はCNNへのメールで「副大統領率いる委員会が調査し、不法行為の証拠が見つかった場合は断固対応する」と表明した。
つまり政府はこの行為に関与していないと言いたいらしいが。少なくとも看過していた時点で同罪だろうに。まさか知らなかったで通るはずもない。内国のことだから。

宗教的には9割が仏教徒ということで、まさか仏教徒がそういう残虐行為を働くのかとちょっと引いた。

確かにわが国の仏教は広く普及しているとはいえ、結局日本人は多神教の宗教の一つとして受け入れているだけであり、一神教の仏教徒ではないから、原理主義的仏教との考え方は分からない。そういう観点からすると仏教も一神教であり、そういう意味ではキリスト教やイスラム教と同じということになるから。排外的になっているのかもしれない。想像だが。
posted by マイク at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446689045
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック