2017年02月04日

<A HREF="http://www.jiji.com/jc/p?id=20170204191532-0023237733">日本学術会議は4日、大学などの研究機関が軍事…:軍事研究、「反対」大多数:時事ドットコム</A>

日本学術会議は4日、大学などの研究機関が軍事研究とどう向き合うかを議論する公開フォーラムを開いた。大学教授や市民ら200人以上が参加し、議論では軍事研究に反対する意見が大多数を占めた
まさに砂漠の駝鳥だな。自分の身に危険が迫っているというのに砂の中に頭を突っ込んで問題回避したと信じている。

おまいら癌治療のために癌研究を止めるか、止めないだろう。戦争は人類にとっての癌だ。だったらなぜ発生するのか、どう拡大するのか、どうしたら撲滅できるのか、どうすれば予防できるのか、研究しなかったら何も分からないだろう。科学のあらゆる分野で、真相を究明するために研究が進められているのに、ただ軍事学だけが例外だ。

敗戦国としてGHQによってDNAまで洗脳されてしまったかのようだ。ちな、戦中戦後の米政権はほとんど隠れ共産主義者だったから、日教組だの労働組合だのが異様なまでに権力を持つようになった。
posted by マイク at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446662444
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック