エヴァンゲリオン」のファンな三人が、身辺であったエヴァ的なことについて日記風につづるブログでした、作った時は北朝鮮拉致問題
当ブログでは中国製品の不買運動に参加しています

2017年02月04日

CNN.co.jp : 中国、批判の声明 米国防長官の「尖閣防衛」宣言

(CNN) 訪日中の米国のマティス国防長官が尖閣諸島(中国名・釣魚島)への日米安全保障条約第5条の適用を明言した問題で、中国外務省の報道官は4日までに、同長官の言動は地域の不安定化につながると批判する声明を発表した。
長官発言を受け中国側が迅速な反応を示した格好となっている。
中南海も日米安全保障条約の全文を読んでいないことが露呈したな。

それと、マッドドッグことマティスはたたき上げの退役軍人だが、トランプは実業家上がりだ。軍人は常に命令に忠実であり、実業家は常に実利を求める。つまり、実業家の出す命令には、実利を取りたいという裏があっての表の命令となり、軍人はその表の命令に忠実に従って発言している。また、新政権の陣営には隠れ親中派が多い。何を言いたいかと言えば、トランプは尖閣にせよ、南シナ海にせよ、全部取引を持ち替えているのであり、もし中南海が譲歩したら、米国はそれに相当する譲歩をする用意があると言っているのだ。

当事国にとっては絶対に譲れない線をあっさりと頭越しに妥協されるのではたまったものではないがトランプにとっては米国の(そして自分の)利益が一番でそれしか頭にないから他国の事情など斟酌しない。

対する中共には問題が二つある。一つは中南海がトランプの取引のサインに気が付くかどうかであり、もう一つはもし気が付いたとして、譲歩が可能かどうかということだ。二つ目について付言すれば、何より面子を重んじる国に取り、譲歩することは自らの面子を潰すことになるから権威の失墜につながり失脚することを恐れるだろうということ。

トランプがそこまで分かっていて取引を持ち掛けているのか、それとも中南海を追い詰めるために敢えてやっているのか、そこまでは分からない。
posted by マイク at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース (中共をち) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446662054
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック