2010年05月09日

ユーロ圏首脳会議、金融安定化メカニズム導入で合意

ユーロ圏首脳会議、金融安定化メカニズム導入で合意 | Reuters
えっと
 [ブリュッセル 7日 ロイター] ユーロ圏16カ国は7日開いた緊急首脳会議で、10日に金融市場が開く前に金融安定化メカニズムを創設し、ギリシャ問題の拡大を防ぐことで合意した。
いよいよ腰の重いユーロ圏が動き出したということですねー投機筋と一騎討ちですよーあーこないだギリシャの国債大量償還が9日とかきましたケドーあれ19日の間違いでしたーこの騒乱はしばらく続きそうですねー長期的にギリシャが国債をデフォルトする確率は5割を上回っているそうだしーEURO対円相場は115円台まで下落ともう散々ですー
posted by マイク at 11:36| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ユーロ圏で救済基金が設立されたことで、コメントしたいことがあります。それは、創意工夫力のある西側諸国である西・北欧州各国で「バラマキ」が起こることが懸念されるからです。
 「バラマキ」というと、社会主義であることが考えられます。日本でこども手当てなんかが創設されましたけど、これは望ましいことではないといえます。それは、後世に借金を残すからです。
 バラマキに頼るのは、どうも合理的とはいえない気がします。どう思われますか?
Posted by いち at 2010年05月09日 12:20
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック