2010年02月26日

高校無償化:朝鮮学校、対象外の方向 首相が言及

高校無償化:朝鮮学校、対象外の方向 首相が言及 - 毎日jp(毎日新聞)
えっと
 鳩山由紀夫首相は25日、同日に衆院で審議入りした高校無償化法案で、朝鮮学校を対象外とする考え方を巡って「朝鮮学校の指導内容というか、どういうことを教えておられるかということが必ずしも見えない中で、その考え方は一つあるな、と考えている。その方向性になりそうだと聞いている」と述べ、支給対象外とする方向で調整していることを明らかにした。国会内で記者団に語った。
もともと無償化なんかで人気取りしようとするからこーゆー自家撞着に陥る訳でー身から出た錆という事ーホントにあふぉー制度として義務化されている小・中学校ならまだ分かりますよーでも高校は義務化されてないでしょーそれに補助するっていうんだったら高校の義務化がまずあるべきじゃねーの?勉強嫌いな子供たちはさぞ嫌がるだろうケドー世の中には中卒で就職している子供たちもいっぱいいるーそーゆー子供たちを差別しておいていいのかねー給料の上積みはしなくていーのかねー
posted by マイク at 07:56| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース (旧・民主党関係) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
高校無償化法案の対象から朝鮮学校を外すことに、祖国が北朝鮮である社民党の福島瑞穂は思ったとおり反対している。
朝鮮学校の教育は日本の文部科学省の指導要領に基づいておらず、北朝鮮の指導により朝鮮語で行われている。
彼女の政策は、夫婦別姓、外国人参政権、生まない選択(少子化担当と矛盾)など、およそ日本人なら到底考えられない政策であるのが大きな特徴である。
社民党は見かけは日本の政党であるが、実態は北朝鮮の政党であることが分かる。
Posted by 腐敗していた民主党 at 2010年02月26日 21:15
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック