エヴァンゲリオン」のファンな三人が、身辺であったエヴァ的なことについて日記風につづるブログでした、作った時は北朝鮮拉致問題
当ブログでは中国製品の不買運動に参加しています

2017年02月06日

一代限りの特例法に=天皇退位、幹部協議で一致−自民:時事ドットコム

 自民党は6日、幹部で構成する「天皇の退位等についての懇談会」(座長・高村正彦副総裁)を開き、今の陛下一代に限って退位を認める特例法による対処で党内の意見集約を図る方針で一致した。一代限りの特例法を軸に検討を進めている政府と足並みをそろえた形だ。同党は今月中旬までに見解を取りまとめ、衆参両院の正副議長に報告する。
どうも腑に落ちない。天皇陛下と言えども生物学的にはヒトだ。事故に合わない限り、老衰や疾病で衰弱しやがては死に至る。昭和天皇も膵臓癌だった。

歴史を紐解けば上皇に退位した例はいくらでもある。何が問題なのか。現在の天皇陛下は象徴天皇であり、政治的には儀礼的な役割しかない。政治利用のしようがないのだ。何故一代限りなのかその理由が分からない。納得できない。将来何か問題が発生した時に、後から謗られることを恐れているとしか思えない。自己保身だ。見苦しい。
posted by マイク at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

他人のiPS移植患者募集、理研 重い目の病気、臨床研究|社会・科学|全国・世界のニュース|新潟日報モア

 他人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った網膜の細胞を、重い目の病気の患者に移植する臨床研究を厚生労働省が了承したのを受け、理化学研究所などのチームが6日、神戸市で記者会見し、対象となる患者の募集を始めたと明らかにした。

 対象は視力低下や視野のゆがみが起きる「滲出型加齢黄斑変性」の患者で、理研などは2014年、患者本人から作ったiPS細胞を使った移植を初めて実施している。

 今回の計画では、京都大が備蓄する、他人に移植しても拒絶反応が少ないとされる特殊な免疫の型の細胞から作ったiPS細胞を使う。
大変興味深いし短い記事なので全文引いた。

これまでは患者自身のiPS細胞を使って組織を培養し、自己移植して成功していたが、先日の報道で他人のiPS細胞から作成した網膜を移植して成功した(と思った)。そこで、さらに試行を繰り返して、安全性などを確認するのが目的と思われる。この計画が成功すれば、あらかじめ大量に仕込んでおいた網膜を使う個で、発症後日数が進んで症状が悪化する前に患者を治療できるというメリットがあるのだろう。

また、その他の疾病にも同様に他人のiPS細胞を使える道が開けることになる。中には、自己移植するために組織培養を待つ余裕のないような緊急を要する病態もあるはずだ。そういう患者にとっては朗報である。

うまくいくことを願っている。
posted by マイク at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こうのとり「宇宙ごみ除去」実験失敗 JAXA発表(1/2ページ) - 産経ニュース

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6日、物資補給機「こうのとり」6号機で予定していた「宇宙ごみ」の除去実験に失敗したことを明らかにした。ごみに見立てた重りを宇宙空間に出せず、電気を流して除去するための針金も延ばせなかった。

 原因は調査中だが、重りを機体に固定していた4つのボルトのうち1つが外れなかった可能性が高いという。実験期間を当初予定の7日間から約半日延長して外す信号を送り続けたが、解決しなかった。
ううむ残念。仕方がない。次のこうのとりで再挑戦してもらいたいが可能だろうか。
posted by マイク at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花街に風情取り戻せ=先斗町を「無電柱化」−京都市:時事ドットコム

 京都を代表する花街の先斗町(京都市中京区)で、電柱をなくす取り組みが進んでいる。景観向上のため同市が今月から地中化工事を始め、2019年度末の完了を目指す。計17本の電柱を撤去し、街の上空を覆う電線を一掃する。
 対象は、飲食店やお茶屋、舞妓(まいこ)らが踊りを披露する歌舞練場が軒を連ねる全長490メートルの通り。細い格子やひさしを備えた伝統的な木造建築が並び、観光客でにぎわう地域だ。
やればできるの典型だ。要するに、わが国では電柱が常識だと思われているから残っているだけのことだ。あれが水道管やガス管だったらどうなるか。逆に電気・電話線がなぜ電柱に乗っている必要があるのか。

景観は悪い、災害では断線してそれでも通電している場合、感電の恐れがあって危険、大型車両が通行して接触事故を起こす可能性、電柱の倒壊による事故の可能性、いろいろと危険なものではある。ただ、信号機をどうするんだという問題は残るだろうが、これは交差点の電柱を残すしかないだろう。それでも、電柱間をはい回る電線がなくなるだけでも効果は大きい。

東京都でも小池知事は電線の地中埋没化を推進すると発言していた記憶がある。いい公共投資になるし、景気の刺激にもなる。どんどんやったらいい。それをやらないのは政府と役人の怠慢だ。
posted by マイク at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮選手の入国許可へ 冬季アジア大会で政府 - 西日本新聞

 政府は、札幌市で19日から始まる札幌冬季アジア大会への出場を申請した北朝鮮代表選手らの入国を認める方針を固めた。複数の政府関係者が5日、明らかにした。政府は核実験や弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮への独自制裁措置として、北朝鮮籍保有者の入国を原則禁止しているが、これまで通りスポーツ交流は特例扱いにする。
例によって政治とすぽおつは別物というたてまえか。例によって参加選手の行方不明、亡命が相次ぐものと思われ。
posted by マイク at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース (北朝鮮関係) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小池旋風、衰え知らず 千代田区長選で自民都連完敗  :日本経済新聞

 「私にも大きなエールをもらった」。東京都知事選に続き、小池百合子知事(64)の衰えない勢いが自民党東京都連をのみ込んだ。小池氏と自民都連の「代理戦」と注目された千代田区長選は5日、小池氏支援の現職、石川雅己氏(75)が自民都連の推薦候補にトリプルスコアで圧勝した。自民都連の都議からは「7月の都議選に向けて何か手を打たないと、もう手遅れになる」との声が漏れた。
まあ小池の勝利と言うより自民都議連の敗戦と言うべきかも。とはいえ、人口6万有権者4万なにがしの区長選挙で都政全体を占うというのもどうかとは思う。東京都民全体を預かる知事として、千代田区に拘泥する必要があるのかどうか。逆に、勝てると思ったから積極的に支援して都議連を追い詰めたのかもしれない。だとすると、なかなかいいブレーンを抱えているのではないか。
posted by マイク at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする