エヴァンゲリオン」のファンな三人が、身辺であったエヴァ的なことについて日記風につづるブログでした、作った時は北朝鮮拉致問題
当ブログでは中国製品の不買運動に参加しています

2017年02月02日

アジャイル開発が働き方改革の切り札となる理由 「スクラム」は知識創造プロセスそのものだった | JBpress(日本ビジネスプレス)

 従業員に生産性を高めながら生き生きと働いてもらうためにはどうすればいいのか──。今、あらゆる企業に「働き方改革」という課題が突きつけられている。アジャイル開発はその実現のための切り札になるかもしれない。

 来る2月15日、JBpressは企業経営者や新規事業開発のキーパーソンに向けてセミナー「Digital Innovation Leadership 〜ビジネスを創造する組織戦略〜」を開催する。本セミナーでは、組織的にイノベーションを実現する方法の1つとして“アジャイルな組織への変革”に焦点を当てる。アジャイルとはソフトウエア開発の世界で広がりつつある新しい開発手法である。
クソバカ。

アジャイルなんかうちが現役だった20年前以上から提唱されている。今頃「新しい」とか何をほざいているのか、情弱にも程がある。鶴岡 弘之お前よくもJBPressの編集長など務めているな。いつの生まれかなど知る気もないが、余りにも業界知識がなさすぎてため息をつくどころか憐憫さえ感じてしまう。本気でこの記事書いたのかという疑問さえ生じる。

マジでこれステルスだろう、そうとしか思えない。

で、またそれに引っかかる情弱の経営者がごまんといるというこれは一つの証左なのだ。クソが。恥を知れ。

心底悪質だ。
posted by マイク at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(IT) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

事件被害者の情報記載した資料紛失 千葉県警  :日本経済新聞

 千葉県警千葉北署は2日までに、男性警部補(30)が1月下旬、事件の被害者や関係者ら33人分の氏名や住所などが記載された捜査資料25枚を紛失したと明らかにした。同署によると、個人情報が悪用された形跡はない。
弛んでいるなあ。そんなだから信用を失うのだ。厳重に処分しろ。
posted by マイク at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(警察の不祥事) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自衛隊向けF35戦闘機、日米が異例の価格交渉 | ロイター | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

[東京 1日 ロイター] - 防衛省が2017年度に発注する6機のF35戦闘機について、米国政府が日本側の値下げ要請に応じていたことが分かった。日本が米国政府と武器の価格交渉をするのは異例。防衛費の大幅増が見込めない中で、F35や新型輸送機オスプレイなど米国製の高額な武器調達が急増していることが背景にある。
これまで言いなりだったのだろう。やっと交渉できるくらいに国家としての体裁が整ってきたということか。ある意味情けない。
posted by マイク at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東芝、WH株の一部売却検討 将来のリスク減らす狙い:朝日新聞デジタル

 米国の原子力事業で巨額の損失計上を見込む東芝が、米原発子会社ウェスチングハウス(WH)の株式を一部売却する検討をしていることが分かった。株式の保有割合を引き下げて将来のリスクを減らす狙いで、14日に発表する損失の再発防止策に盛り込む見通し。ただ、巨額損失の原因をつくったWHの株式に買い手がつくかは不透明だ。
家電を手放し、重電専業になってなお子会社の株を放出しようとしている。いよいよ危険な状況にはいっているのではないか。さらには追い打ちがかけられた。
IHI、東芝にWH株買い取り請求する可能性  :日本経済新聞
 IHIは1日、2016年4〜12月期連結決算の電話会見で、東芝傘下の米原子力大手ウエスチングハウス(WH)への出資分3%について、東芝に買い取りを請求する可能性があることを明らかにした。IHIの望月幹夫取締役常務執行役員は「まずは14日の東芝の決算の開示を待ちたい。その上で減損が必要なら損失が出ないような対策を取りたい」と話した。
ただちに請求することはないと言うが、東芝の決算次第ではどうなるか分からない。東芝は買い取り資金の調達ができるのだろうか。
posted by マイク at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

他人のiPS移植を承認=世界初の手術へ−厚労省部会:時事ドットコム

 他人の細胞から作った人工多能性幹細胞(iPS細胞)を患者の網膜に移植する世界初の臨床研究について、厚生労働省の専門家部会は1日、計画を了承した。国による審査が終了し、手術が可能になる。申請した神戸市立医療センター中央市民病院などは今年前半の手術を目指している。
本人のものでなくても問題ないということになれば、たとえば献血のようにあらかじめ準備しておいた移植用の網膜を患者に移植できる。難病にとって福音となり、他の疾病に対しても応用可能な道が開かれる。

今、医学はまさに発展の展開期にあると思う。これからますますその技術が加速されていくのではないか。

それでも、たとえば癌のように過去50年かかってほとんど進展のない疾病もあり(詳細は省くが)、これはもう宿痾としか言えないものではないかと思う。

いずれヒトは死ぬもの。それが早いか遅いかの違いであり、その運命は受け入れるしかないのだから。

少なくとも、死ぬ時くらいは自分で選択できるくらい医学が人体の生理を解明してくれれば、それはありがたいことだ。
posted by マイク at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシアに影響力行使要求=NATO:時事ドットコム

 【ブリュッセルAFP=時事】北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は1日、ウクライナ東部の戦闘激化について「戦闘を終わらせるため、親ロシア派に影響力を行使してほしい」とロシアに呼び掛けた。ブリュッセルで記者団に語った。
シリアがおさまったら今度はウクライナで戦火が再燃した模様。一体世界はどこかで戦闘していなければ経済が回らないとでも言いたいかのようだ。

戦争は良くも悪くも経済を回す。特に戦勝国にとってはいい「商売」なのだから。
posted by マイク at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GPS捜査「直ちに中止すべきだ」 日弁連が意見書:朝日新聞デジタル

 裁判所の令状を取らずにGPS(全地球測位システム)端末を使う警察の捜査手法について、日本弁護士連合会は「直ちに中止すべきだ」とする意見書をまとめ、1日に警察庁に提出した。
法令が技術に追いついていない。こういう事例は速やかに行政が法律化して対処すべき。このまま灰色の運用を続ければ、結局既成事実の積み上げで実効化する。

これはすでにN−systemで実現されてしまっている。行政の怠慢だ。世間が平安であれば手段は問わないといういいかげんさは良くも悪くもわが国の特徴で、これはもうどうしようもないと諦めている。
posted by マイク at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする